№79 地震のことを学ぶため淡路島へ。1.17から学ぶこと:1日目夜「相手に響く自己紹介の作り方」

友だち追加

議員インターンシップに来ている3人の学生。
活動の一環で未来自治体というプレゼン大会が開催されます。
自分が首長だったとしたら、30年後の未来がどうなっているのか。そのための10年目に出来る政策はなにか。これらを考える企画です。

今回若者が選んだテーマが「防災について」でした。

ちょうど僕が大学生だった時に起こったのが、タイトルにある1.17「阪神淡路大震災」
現地を見て感じてほしい。
そう思って1泊2日の強化合宿を計画しました。

強化合宿の記事はこちら

自分の経験をノウハウに変えGIVEしている、山口大輔こと「だいちゃん」です。

GIVEを習慣化するプレゼンターとして2021年から本格的に活動中です。

宿舎へGO!

2箇所の視察を終え、宿泊所へ。

父親の夢ということもあり、十年近く前から淡路島の共有制コンドミニアムに会員契約をしています。
専有日以外でも部屋があいていれば無料で使用できるので、子どもが小さいときはよく1泊旅行に行っていました。宿泊費や駐車場代がかからないのは家族が多い私にとってとてもありがたい場所でした。
去年はコロナウイルスの関係で全く訪問できませんでしたが、キッチンもお風呂も全て部屋にあるので密を回避して宿泊するのは最適です。
今回ここで合宿をすることにしました。

ウエント淡路東海岸。結構いい環境です(^^)部屋の中はこんな感じです。

グレードの高い部屋は空いていれば有料ですが借りることも出来ます。

お楽しみはこれから。セミナー開始だ

お楽しみと言っても、今日の振り返りとセミナー受講の勉強時間です。

明日の朝はずっと作業になるので、そのための振り返り。
施設見学の感想をお互いにシェアしました。

その後僕から学生に対するセミナー開始です。タイトルが

「はじめましてを武器にする。相手に響く自己紹介の作り方」

部屋にあった液晶テレビにMacをつないでスタートです。

自己紹介は何のために行うのか。目的は何だ?

そんな問いかけをしながら、ワークをしつつ自分だけの自己紹介を考えていきます。
完成させると言うより、マインドを学ぶという感じですね。

終了後アンケートに答えてもらいました。
レジメが今後の課題ですね。こういうフィードバックを行うことで自分のスキルアップにも繋がります。

夜はふけていく

夜の学習が終わったのが19:30頃。

近くのお店に夕食のテイクアウトをしにいったら「20時で閉店で、注文が50分までです」と店員さんに言われました。
普通の飲食店でも時短なんだ・・・コロナに寄る影響を改めて感じました。
帰り道、コンビニで朝食を買い込んで宿舎に帰宅。

翌日は朝から作業。その話は後日に続きます。

明日も頑張ろう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。