№89 未来自治体2021プレゼン地方大会優勝!結果より大事なものを手に入れた

昨日書いた記事

今日は未来自治体全国大会2021「四国大会」がありました。
20チーム近く出てたなかで、結果は「優勝」でした。

今回凄くいい政策やテーマを持って発表したチームも多いなかよく頑張ったなぁ・・・

表彰後、感想を言ってたんだけど、そこに成長の証が見えていました。

  • どうやったらもっとより良い発表になるのか考えて上を目指していきたい
  • 人前で話すのが苦手で不安だった。こんな賞をいただけたのでこれからもっと自信を持って繋げていきたい
  • 3人で話し合って、問題を解決しあえてきたから磨き上げられたと思う

高齢者介護の仕事をしてると、関わる人に教えてもらういことばかりでなにか返せてるんだろうかと悩んでいた時期がありました。
その時の経験がこうやって活きてきているなら嬉しいな(^^)

最後に僕に向けていってくれた言葉

「たくさんのプレゼンのコツを教えてくれてありがとうございます。」

でも一番伝えたことは伝わっていたのを感じてたよ。
これも同じメンバーが言った言葉

「聞き手にどうやったら共感してもらえるのか。これを一番最初に考えていた。」

これさえわかっていれば、これから関わる全てのプレゼンにうまく立ち向かっていけると思います。

本当におめでとう。

これで2期連続で優勝に導くことが出来ました。
次の8月は、四国のインターンシップに参加する全ての学生に向けて、オンラインセミナーをしてみたいと思っています。
地域の関係や、やりたいこと、興味のあることがあって僕ではない議員さんのところで学びたい。
でもプレゼンは興味あるよな・・・

そんな学生さんのために今からゆっくりですが考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、
汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして

『子どもの将来の夢第1位が「政治家」になる』

を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口だいすけは、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造〜自分が楽しく、みんなが楽しく、未来が楽しい〜」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。