№226 マスクと消毒とワクチン。コロナが生み出した同調圧力「その2.消毒」

友だち追加

現役ケアマネジャーで東かがわ市議会議員の山口だいすけです。

人を笑顔にするために三楽創造〜自分が楽しく、みんなが楽しく、未来が楽しい〜を合言葉に笑顔いっぱい東かがわ市を走り回っています。

共同執筆中の書籍のことが全国各地の新聞で紹介されています。

同調圧力って聞いたことがありますか?

この言葉最近はよく耳にすることも増えましたよね。

地域共同体や職場などある特定のピアグループ(英: Peer group )において意思決定、合意形成を行う際に、少数意見を有する者に対して、暗黙のうちに多数意見に合わせるように誘導することを指す。

Wikipedia「同調圧力」より

マスクや消毒、そして今はワクチンもこの同調圧力が働いていると感じています。
当初は飛沫予防の観点から、配慮や安全を守るという意味から始まったはずですが、気がつくと義務に置き換わりつつあります。

もちろんこんな状況下なので、一定の安全を図るための通念上のルール化はあっても良いとは思いますが、押しつけになってくると苦しい人も出てきます。
両方の側面から考えてみたいと思います。

昨日はマスクについて書いてみました。

今日は別の話を。そう

消毒について

今ではどこでも見かけるようになったアルコール等の消毒。どんな店舗でも当たり前にあるし、なんなら友達の家の玄関にもあったりしますよね。

実はアルコール消毒が当たり前になったおかげで、日常生活が苦しくなった人がいます。

皆さん聞かれた記憶はありませんか?
注射を打つ時

「アルコール消毒でかぶれるなどはありませんでしたか?」

ってやつ。

そう実はアルコールに過敏な反応をするアレルギー症状の人がいるんです。

先日知り合いから話を聞きましたが、コロナになって外出が厳しくなったとのことです。

アルコールが駄目なその人は、消毒のため手につけるだけでなく、アルコール消毒が行われている場所に行くだけでアナフィラキシーのような症状が出ると言っていました。

もう日常生活自体が厳しい・・・と。

それでもどうしても出かける必要がある時は、自前の消毒薬を持参するそうですが、場所によっては当たり前に設置しているアルコール消毒を求められるので、毎回説明が必要とも言っています。

また人だけではありません。

犬や猫に忍び寄る危機

人と違って、犬や猫は体内でエタノールを分解できないと言われています。
そのため少量でも危険ですし、匂いで中毒を発症するケースもあると言われています。

当たり前に常備して使用するようになったからこそ、見えてきた危険性かも知れません。

心の余裕を

出入りする際に消毒をしない人がいた場合、「あの人、消毒もしていないの??」と思うかも知れません。
ただそういった人の中には、消毒したくても、この消毒液は使えない。
そんな人もいるかも知れないということだけでも知ってもらえたら嬉しいです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。