№64 雨の日はライブで演説。街頭演説ライブをお送りします

友だち追加

自分の経験をノウハウに変えGIVEしている、山口大輔こと「だいちゃん」です。

GIVEを習慣化するプレゼンターとして2021年から本格的に活動中です。

先日久々に雨が振りました。
花粉症の僕としては、雨が降って気圧が変わっただけでも目と鼻に来るので大変です^^;

月〜水は街頭演説を行っています。
もしその日に雨が降ったら、今は傘をさして立つのではなく、ライブ配信に切り替えてお送りする方法をとっています。
名付けて街頭演説ライブです!(そのまま(笑))

今回は、市の計画についてお話させていただきました。

自分で言うのもあれですが、結構「知らなかった〜」って情報を勉強して伝えています。
議員にはテストも試験もないので、正直勉強してもしなくても結果が見えていません。
僕はこういう機会を活かすことで、定期的に自分の学習や活動をチェックするようにしています。

今回お話したいきいきふれあいプラン。すでにパブリックコメント用にアップされた資料は削除されていますが、興味がある人が居たらコピーをお渡しいたします(100枚以上あるので電子データでのお渡しか、閲覧でお願いします)

介護保険改正に合わせ、どう変わっていくのか。
まだまだ目が離せませんね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。