№245 今日から7月。残す所今年も半年

友だち追加

現役ケアマネジャーで東かがわ市議会議員の山口だいすけです。

人を笑顔にするために三楽創造〜自分が楽しく、みんなが楽しく、未来が楽しい〜を合言葉に笑顔いっぱい東かがわ市を走り回っています。

現在全国の現役介護職の地方議員仲間と執筆中の書籍のことが全国各地の新聞で紹介されています。

ブログも毎日更新中。

さぁ今日の本題です。

気がついたら半月が経ってた

6月は議会がありました。いつもならその後は広報委員会がという流れが4年続いていたせいか、紙面づくりにいかなくていいという不思議な感覚に襲われています。

それを越すような怒涛の勢いでオンライン漬けだったんだけどね^^;

久しぶりに吐きそうなほど忙しく、すべての細胞がフル回転した半月でした。

でもおかげでオンラインスキルは一気に上がってきたと思います。

結局オンラインは、取り組まない限り覚えないなってことを改めて痛感。

抵抗があるとか、導入は困難っていう人がいろんな行政や議会でもいるけど、結局はそこまでしてやってないだけなんだろうな。
今入ってる活動は高齢の人も多いけど、学ぶために投資もしたり、体験も積んでる人がいっぱいいます。

オールドタイプとニュータイプと呼ぶにはまだまだ差は離れていないけど、生まれた瞬間からオンラインがある世界で育った人との差はとんでもなく離れていきそうな気がします。

おそらく僕のレベルで追いつけないところまで行くはず。

さぁ、僕も追いつけるようしっかり走り切るぞ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。