№66 雪降る里に声響く

友だち追加

朝起きたらなんだこれ?!

数年ぶりの大雪でした。

香川では基本雨も少なく、しかも雪が降るのは数年に1度(僕の住んでるのは平野部)というのがいつもの常識。それがこの日は吹雪いてました。

水曜なんだよなぁ・・・
雨の日はライブ配信だけど雪の日は決めてないんだよなぁ・・・

よし、いこう!

ということでいつものように辻立ちへ。

あ、これでも大雪です^^;


マイクは壊れたらいけないので、クラブハウスに繋げながらいつもの場所へ。

結果は

数分で撤収です^^;

だって、横殴りの風のせいで黒いズボンが右だけ真っ白に・・・
後ろのノボリも風で何度も倒れました^^;

それだと面白くないので駅前に移動。
普段は道路を挟んだ反対にいる高校生の皆と少しだけお喋りもできました。

同じ時間でもほんの少し立ち位置を変えるだけでたらしい発見が見つかりますね。

雪国の議員さんが笑顔でやってる雪の中での辻立ち。
本当にすごいなと感じた1日でした。

自分の経験をノウハウに変えGIVEしている、山口大輔こと「だいちゃん」です。

GIVEを習慣化するプレゼンターとして2021年から本格的に活動中です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。