SPF設定で転送も大丈夫! 〜香川県 東かがわ市議会議員 山口だいすけ。

友だち追加

今回はパソコン関係のマニアックなお話しです。

自分でドメインを取得して、Gmailに転送するようにしていました。これ意外と便利で、出先でメールの確認もできるし、複数のPCでも確認を取ることができます。

それがこの3月あたりからMail Delivery systemで転送ができないことが増えました。

メアドも間違ってないし、データの量もない。流石に支障が出るので色々検索。小難しい用語を調べていく中でようやく見つけました。それが

SPF (Sender Policy Framework)

DNSサーバーにTXTを追加したらいけるということなので、早速プロバイダをチェックしてコードを確認。無事設定することができました(^^)

それにしても・・・昔はこういうのは諦めるしかなかったけど、今はいろんな人が試した記録が残ってます。本当にいい時代になりました。

dig(domain information groper)ってコマンドも初めて知りました。DOSやhtmlやってたおかげでこういうコマンドは嫌いじゃありません( ̄▽ ̄)

パソコンって知れば知るほど楽しいですね(^ ^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。