№71 「3月議会」始まるよ。当初予算は約171億円。東京が計上した「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」と比べると・・・

友だち追加

いよいよ3月議会の日程が決まりました。来年度の当初予算を始め様々な条例も出てきています。
小中学校の建設も一段落し、予算は少し下がった171億円

東京都が年末年始の酒類を扱うお店の時短をお願いしたときの協力金が430億円
協力金だけで東かがわ市の2年半の運営ができる計算です。
なんというか・・・地域格差をひしひしと感じています^^;

今日は日程について書いていきます。
議案はこちらを見て下さい。

3/1 本会議

委員会に付託されない議案が全て採決されます。

ちなみに【報告】とるものは、採決しません。気になることがあれば質疑は出来ますが、字のごとく報告で終わります。
質疑の通告といって、事前に申し入れしておかないと、基本的に話すことはありません。
議長と市長が話すだけなので、ここだけ見るとほとんどの方は「意味あるのか」「もっと話し合うと思ってた」と言われます。

本会議の質疑は、一人3回で15分以内と決まってるので、議論にはならないんですね。
それは次の委員会で見ることが出来ます。

3/2 AM総務常任委員会 PM民生文教常任委員会

今回複数の議案が委員会に付託(委員会で色々話し合ってねという意味)されました。僕は建設常任委員会なので委員会に参加できません。傍聴だけですね。

ここは時間や回数制限はないのでどこまでも話すことが出来ます。

3/4・3/7 予算審査特別委員会

補正予算と当初予算の全てが付託されたので2日間をかけ、審議していきます。
議会は予算を決める機関と言われることもあるくらい大事な会議になります。

3/16・3/17 一般質問

ここは議員がそれぞれの思いを持って、行政に対する質問を行う日です。議員の個性が出るところなので、関心があるテーマを見つけたらぜひ注目して欲しいと思います。

3/18 本会議

委員会に付託したものは、それぞれの委員会で採決します。
ただこれはまだ委員会での決定ということ。議会全体の決定ではありません。
ここでは、そういった委員会にかかった議案を最終議決する日になります。

議会はこんな形で流れています。
また次回は議案内容についてご説明したいと思います。
恐らくライブ配信で説明していくので、またその動画とともにご報告しますね。
東かがわ市ではすべてのデータがタブレットに入っています。
デジタル好きにはたいへん助かる仕組みです(^^)

自分の経験をノウハウに変えGIVEしている、山口大輔こと「だいちゃん」です。

【自己紹介】なぜ僕が発信し続けるのか 香川県東かがわ市からGIVEを発信している山口大輔です。

GIVEを習慣化するプレゼンターとして2021年から本格的に活動中です。


シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください