№42 30年後の未来はどうなってるのか?今年も始まる「未来自治体」プレゼン大会

友だち追加

第3期議員インターンシップ開始します。

今期は3人

今回も大学生のインターンを受けることにしました。
コロナ禍ではありますが、だからこそ若い世代の考え方や置かれた立場を知ることが大切だと考えて受け入れを決めました。
もちろん感染予防は徹底しますし、オンラインもしっかりと活用していきます。

今回の3人は

どんな相乗効果が出るのかな。

自分の経験をノウハウに変えGIVEしている山口大輔こと「だいちゃん」です。

【自己紹介】なぜ僕が発信し続けるのか 香川県東かがわ市からGIVEを発信している山口大輔です。

GIVEを習慣化するプレゼンターとして2021年から本格的に活動中です。

未来自治体にむけて

インターン生の課題でもある未来自治体プレゼン発表。
30年後の未来を夢見て、10年後にやるべき政策を発表する。そんなプレゼン大会があります。

政策を考えることはとても大切。

ぼくはいつもここに2つのテーマをのせています。

  • ゴールは課題解決ではなく、夢実現を
  • プレゼントは何かを学ぶことで、これからの人生に活かす

2ヶ月かけて一緒に考えていきます。
議員インターンなのにプレゼンメインなの?

よく聞かれますが、プレゼンには

  • 相手の事を一番に考える
  • 自分がなぜプレゼンする資格があるかを理解する
  • お悩みごとをきちんと理解する
  • 相手の思いを叶える
  • 相手が自分で進むための後押しをする

こんなものが全て入っています。プレゼンがきちんと出来ることは、政治家として議論をする上でとても大切なこと。

だから僕はプレゼン指導を通して、政治家のマインドを伝えています。

2月から開始ですが、即テストもあるので実質中旬くらいから活動がスタートします。
また市内で見かけたら声かけてあげてください(^^)



シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください