№114 東かがわ市のもう一つの魅力。ダンボール製品

友だち追加

現役ケアマネジャーで市議会議員の山口だいすけです。
人を笑顔にするために三楽創造〜自分が楽しく、みんなが楽しく、未来が楽しい〜を合言葉に笑顔いっぱい東かがわ市を走り回っています。


今日市役所にいったら、玄関ロビーにてぶくろマンが立っていました。
よくみると・・・

ダンボール製!

東かがわ市は手袋が有名ですが、ダンボールも有名だったりします。
子ども用滑り台や机など、色んな所に使われています。
手袋など発送が多いから盛んになったのかな?

てぶくろマンのダンボール製品は初めて見たけど、よく出来てますね。
これほしいな(笑)

むかし鉄腕ダッシュで城島さんが作ったダンボール自転車、その名も「ダンボロン」。
あれも東かがわ市での撮影でしたね。

実はMTBで走ったことがありますが、よくあの道をダンボール自転車で走ったよなぁ・・・

どちらも東かがわ市のお店です。写真にリンクを張っているので、興味のある方はぜひ御覧ください(^^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。