№104 自治会1年目はコロナによる中止の連続で終わりました

友だち追加

一昨年まで親の世帯という位置づけで実家のある自治会活動に参加していました。
いつか引き継ぐことになると思うけど、今は親に変わって仕事を受けたり掃除に行ったり・・・
ただ色々あって自分の世帯として去年より別の自治会に入ることになりました。

実家と今の自宅は250mもありません。

距離も近いし、家同士見えてるんですが微妙に自治会が違うのです。

入ったと同時に、自分の班が副会長の年だったらしく、そのまま副会長就任。
1年目で何もわからない上に、コロナの関係でイベントなどもことごとく中止になるなど、気がつくと1年が経過。総会も書面決済になりました。

こんな状況で令和3年度は自治会長の年になります。
副会長をした家が、次の自治会長になるということで、自動的に自治会長へ^^;
(役員については書面表決が回ってますので、賛成多数ならという流れです)

親の代わりに参加するのと違って、自分が1人の会員になると色んなものが見えてきます。
改めて高齢による役のなり手不足や、自治会の意味など色んなものが考えられます。

小さな自治会ですが、色んな人の声を聞きながら、自治会だから楽しめることが見つかればいいなと思ってます(^^)

突出しすぎず、でも出来るものがあれば提案していきながら一緒にやっていく。

そんな関係をこの自治会でも創っていきたいと思います。

何よりも来年度はコロナによる影響が最小限になって欲しいところです。


私の自己紹介はこちらです。読んでくれたら嬉しいです(^^)

関連記事

  1. 何が出来るか

  2. 卒園式

  3. Facebookからの投稿です

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。