大会が無事終了しました

毎年開催されている日本中華武術選手権大会。少しづつ参加者や協力者も増え、今年で無事6回目を終えることが出来ました。
こういった中国武術を扱っている大会で、所属団体を超えて参加できる大会は非常に少ないと思います。
やはり根底に、総合型地域スポーツクラブとしての活動が根付いているからだと思っています。

さて今回の第6回大会の様子をダイジェストでご報告します。

開会式

 

ずらりと並んだ表彰メダル

 

表彰システムには最新設備が導入!
無線でIpadに結果が届くのでペーパーレス化とともに、スムーズな伝達ができるようになりました。
このソフトは仲間の1人が開発しています。これ商品化出来るレベルじゃないのかな・・・
アクセスで作成して、エクセルベースで集計・表示、集計表や賞状まで同時に印刷が可能で、無線でIpadでも確認可能。
もう趣味で作ったレベルじゃないよね?

アナログ手法と併用することで、リスクヘッジも考えています

 

~ いろいろな武器も出てきました ~

 

苗刀(日本刀のような両手で持つ刀)

 

双鈎(上が引っ掛け、手元に月型の刃、柄は槍という武器を2本同時に使います)

 

槍・棍

 


 

~もちろん素手の種目もいっぱい ~

 

八極拳

 

蟷螂拳(カマキリを真似た拳種)

 

カンフー
習いだして半年の4歳の女の子。精一杯頑張っています。

 

今回は継続して5大会出ている選手に対して特別表彰も実施されました。

 

いつか使うかと思いながら用意していた白紙のゼッケン。ゼッケン忘れの子が悲しまないように用意していたんですが、全く使われること無く・・・
6回目にして日の目を見ました!準備しててよかった~

 

最後は全員で記念写真。左から2枚目は東かがわ市体育協会の旗です。

 

ジュニアの子は参加賞でガチャポンがありました。
試合より盛り上がってたんじゃないかな^^

 

こんな感じで厳正でありながら、楽しくもある大会が終了しました。
また来年もこの地でお会いしましょう!!

シェアよろしくお願いします