1期を振り返る~マネジメントの重要性~

友だち追加

自分がどんなことをしてきたか。時々振り返ることで方向性の見直しや、増減などを検討していくことが出来ます。選挙時の大項目に沿って質問はしていますが、時々詳細はどうだったかなどの分析をするようにしています。
 
大きなテーマはぶれなくても、発言の一言一言が、どんな言葉を使い、どういう感情で話していたか。それを振り返ることで自分のコントロールや次にどんな感情でどの言葉を紡いでいこうって考えますよね?(・・・僕だけかな?)
 
例えばこのテキストマイニング。自分の発言の方向性を視覚化できるメリットがあります。

何を一番考え、どう伝えようとしたか。
振り返りに使うのはちょうどいいアイテムです。
これが無料でできるのは本当に素晴らしい!

本当は1回の質問ごとに整理するのがいいんですが、今回は毎年どういう傾向であったかを振り返るために各年ごとにテキストマイニングを行いました。

2015年一般質問 解析結果
2016年一般質問 解析結果
2017年一般質問 解析結果
2018年一般質問 解析結果

ここまでが各年ごとのテキストマイニングと振り返り。

以下が1期4年間の分析結果です。

1期一般質問 解析結果

まだ9月の議事録が公開されていないので、公開されたら整理していこうと思います。
12月議会では2問~3問を予定しています。

分析結果を意識しながら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。