災害訓練×パニック

友だち追加

昨日はお寺で起床後朝うどんへ。

その後飯山に移動し、二号が出てる自転車大会の観覧へ。発表会だと思ってたらガチの大会でした。強豪校相手に努力の成果は見せれたと思います。指導していただいた先生、交通安全協会の皆様、ありがとうございました。

途中で抜けて高松へ。

サポートラインKAGAWAさんの主催の講演会へ参加してきました。

災害が起こったら我々はどう動くかというテーマでグループディスカッション。各グループごそれぞれ施設、デイ、訪問看護、居宅、包括という感じで別れて実施します。

グループワーク終盤の混乱のさなか、情報を把握したいからと包括から地域ケア会議の招集がかかりました。この忙しい中でメインスタッフを招集??←あくまで研修です。

思わず「ただ情報を知りたいだけならこんな時期に呼ぶな!現場は大変なんだよ」と鉛筆を放り出して怒鳴ってしまいました(演技)

机上訓練ですが想像以上の混乱が生じました。現実に起こったら絶対にうまく連携できない自信が生まれたほどです。

みんなでやってみる価値大です。というかしないとまずいですね。地元のケアマネにも声をかけてやってみたいな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。