相生ふるさと村まつりのバルーンショー

友だち追加

先日開催された「相生ふるさと村まつり」
グリーティングは何度も行って来ましたが、初めてバルーンショーをやって来ました。

グリーティングはこんな感じです。
IMG_7207_R
時期的にハロゥインをイメージ。装飾や衣装も合わせてみました。
魔女になってるのは娘です。簡単なバルーンなら自分で出来るので、お手伝いというより完全にスタッフとして依頼しています。
最近はジジまで作れるようになってます^^

さて肝心のショーはというと・・・
IMG_0799_R
いままで衣装をどうするか悩んでいましたが、今回よりカンフーの演武服を使用することに決めました。
ピエロだとパフォーマーとしての個性が出せないかなと考えた結果です。この衣装ならいくらでも家にありますし、何より個性的じゃないでしょうか(笑)

ただ怪しいだけじゃなく、その気になればカンフーの型や武器の演武も出来るのでジャグリングの代わりになるかもです。
知り合いには「ゼンジー北京をパクった?」と言われましたが、知らなかったのでパクリじゃないでしょうw

さてショーの続きを

IMG_0800_R
ゲストに参加してもらって手伝ってもらうのはやはり鉄板ですね。

IMG_0803_R
こんな大きな花が出来ました~

IMG_0804_R
相手はレディーなので、ここはもちろん跪いて渡します。

最後はスパークバルーン(バルーンを割って中の風船をプレゼント)で〆です。
観客も喜んでくれたみたいなので良かったです^^

これからも色んな所でバルーンをやっていきます。
応援よろしくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。