ロードバイクを買おう(購入を決意するまで)

友だち追加

当時はマウンテンバイク(GIANT SNAP 2015モデル)に乗って10~20キロほどを楽しく走っていました。
もともと大学時代からあこがれがあったロードバイクだけど、自分のスペックも問題でいつも躊躇していました。2か月前にダイエットを決意して食事制限や自転車を続けることで何とか10キロのダイエットに成功。それでも体重は100キロ前後を行ったり来たり。体脂肪は28%から23%に落としたけど世間ではまだまだメガデブ。細いフレームには不安がありました>.<
 
そんな時、偶然地元のロードバイクサークルの仲間に一緒にライドしませんかと誘われました。マウンテンバイクで2回ほどライドを共にすることでロードバイク熱がムクムクと(笑)
偶然ご一緒してくれた中に、地元でカスタム店を営んでいる方がいたのでいろいろ相談できたのも大きなきっかけになりました。

「細いにこしたことはないけどフレームや車種を考えれば、走れないことはない。むしろマウンテンバイクより楽に走れるよ」

この一言で一気に購入に傾きました。

次は車種選びについて書きたいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
山口だいすけ現役介護職議員
 政治家はいつから子どもたちがなりたくない職業になったのでしょうか。
政治家と言われて頭に浮かぶのは不正、 汚職、お金に汚い、年寄りが多い・・・ 多くはこんなイメージだと思います。
私は政治家のビジョンとして
「子どもの将来の夢No.1が政治家になる」
を掲げています。この夢を実現するために、子どもたちが憧れるような姿を見せ続けるだけでなく、大人たちに対してもう一度、政治家に対する信頼を取り戻す必要があります。
 そのためにも「真摯であること」を活動の軸とし、行政と市民を繋ぐかけ橋になるため『課題分析・実践・改革』を心がけていきます。
 山口大輔は、全ての人が「笑顔」になるため3つの「楽しさ」を創る「三楽創造」を人生のミッションとし、政治家のビジョンを叶えるため働き続けることをお約束します。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。