議場での傍聴を写真で説明!

友だち追加

議会傍聴の仕方をワンポイントアドバイスを含めて写真で説明します。

1.庁舎に入ってすぐ左にあるエレベーターで三階へ。運動がてら階段もおすすめです。
001

2.エレベーターを降りたら目の前に傍聴受付があります。そこで必要事項(住所・氏名)を書いて資料をもらいます。受付がいない時は近くの人に尋ねてください。みんな優しいのですぐ担当者を呼んできてくれます。
※受け取った傍聴券は帰りに回収しますので無くさないでね。
002

3.席は自由です。奥に見えるのは空調です。空調の近くはかなり冷えますので、冷え性の方は上に羽織るものを持参または、入り口付近がおすすめです。
※2列の通路は結構狭いです。奥に入るとなかなか出にくいですので座るときの参考にしてください。
003

4.目の前が議場です。私語や撮影、録音等は出来ませんが皆の発言をじっくり聞いてください。入口で渡された資料を参考にしてください。
004

5.議場右側のタイマーに注目です。ひとりの議員の持ち時間は20分(相手の答弁の時はカウントされません)。一つの質問に三回しか発現できないルールになっています。
このあたりも頭の片隅において聞くと違った視点で傍聴できるかもしれません。
005

シェアよろしくお願いします

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください