介護保険負担割合証発行の流れについて

今年8月から始まった介護保険負担の2割導入。
市民や家族、介護事業所スタッフより今後どんな風になるのかが分からないという質問をいただきました。
担当課と話を行ったところ次のような回答を受けましたので投稿します。

[新規対象者について]
介護保険者証送付時に、介護保険負担割合証も同封して送付します。
また暫定でサービスを利用する場合はこれまで同様「自立なら全額自己負担、暫定利用の単位が認定結果の上限を超えていた部分に関しても自己負担が発生する可能性がある」という説明に加え「2割になった場合は自己負担額が20%となる可能性がある」との説明を追加する必要があるのではないかというアドバイスをいただきました。

[更新時の発送について]
有効期間が1年なので毎年同じ時期に発送されます。ただ6月末日で〆て税務の確定。その後介護保険負担額などが算定されたのちに1割2割の対象かどうかが決まるという関係から、どれだけ急いでも20日以降の確定、その後発送になるとのことです。
この辺りは税金関係の流れもあるため、早期の発送は難しいとの回答でした。

新しい制度導入により不安に感じるのは、対象となる要援護者やその関係者なので、いろいろ情報提供をしあうことがリスク回避や不安減少につながるのではないかと話し合ってきました。
税金の確定など、どうしても変更できない仕組みもあります。
こういったこともお互いが情報交換しあいながら、市民、関係者、行政が連携していただければと思います。
 
不安に思う時はいろいろ質問してください。
いろいろ問い合わせながら、情報発信をしていきたいと思います。

【訂正事項】
7月末と書いていましたが正しくは6月末の誤りでした。 2015/10/15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.