八尾市議会で議会広報を学ぶ3

友だち追加

大阪府八尾市を訪問し、議会広報、特に高校生との連携についての視察を行ってきました。

紙面改革で一番気になっていた点。

今までの読者はついてこれるのか?

結果は「見やすくなったよ」という回答だったそうです。

文字を大きくしたわけでも無い、でも字が見やすくなったと言われる理由。

それは、「余白」を取るようにしたこと。

やはり詰め込むのではなく、ピックアップしてスペースを作る事が大切なんだと再認識しました。

言いたい!伝えたい!書きたい!

ではなく読みやすい、見やすい物への工夫。

これが活かされてるんですね。

他にも気づきはありますがまた明日。

ちなみに写真は吊り広告ではなく、エレベーターに貼られていた市報のダイジェスト版です。

こういうセンス好きだなぁ(^O^)

#八尾市議会

#やお市議会だより

#視察

#魅力を伝える

#マチイロ

#高校生とコラボ

#広報紙は入り口

#リニューアル

#河内音頭

#若ゴボウ

#誰のため

#インタビュー

#ビートルズ

#アビイロード

#大阪府

#八尾市

#こう見えて

#東かがわ市

#東かがわ市議会議員

#市議会議員

#山口大輔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください