本会議初日が終了です

本会議初日が終了しました。
本日の内容は【報告3件】【議案42件】でした。下記については委員会付託となりました。

3月2日開催の総務建設経済常任委員会へ付託
【条例】
・議案第3号
東かがわ市附属機関設置条例の一部を改正する条例の制定について
・議案第4
東かがわ市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について
・議案第5号
東かがわ市公の施設の設置及び管理に関する条例の整備に関する条例の制定について
【その他】
・議案第36号
瀬戸・高松広域連携中枢都市圏の形成に係る連携協約の変更について
3月5日、6日開催の予算審査常任委員会へ付託
【当初予算】
・議案第27号
平成30年度東かがわ市一般会計予算について
・議案第28号
平成30年度東かがわ市国民健康保険事業特別会計予算について
・議案第29号
平成30年度東かがわ市介護保険事業特別会計予算について
・議案第30号
平成30年度東かがわ市介護サービス事業特別会計予算について
・議案第31号
平成30年度東かがわ市後期高齢者医療事業特別会計予算について
・議案第32号
平成30年度東かがわ市下水道事業会計予算について

議案の詳細については議案概要をお読みいただければと思います。(試案一覧はこちらです)

全てを書くとすごく長くなるので、気になった議案を2つピックアップしてご報告いたします。

議案第8号『東かがわ市若者定住促進条例の一部を改正する条例の制定について』
2017年12月議会でも一部改正(2018年4月1日施行)があった条例です。この時は算定される住宅取得費が5%だったのに対し、10%まで見る形になりました。今回は申請するものが満40歳以下でなければいけなかった条件を見直し、申請者だけでなくその配偶者が満40歳以下の場合も対象となるように緩和されました。
少しづつですが支援内容が充実してきたと思います。

<支援内容>
新築住宅:住宅取得費の10%(上限100万)
     ※市外業者と契約した場合は上限90万円。
建売住宅:住宅取得費の10%(上限100万)
     ※市外業者から購入した場合は上限90万円。
中古住宅:住宅取得費の10%(上限50万)

※詳細やこの他必要な条件については、こちらの条例をご確認ください。

議案第15号『東かがわ市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について』
第1号被保険者の介護保険料が次のように変更となります。
第1段階 33,000円 → 41,280円
第2段階 49,500円 → 61,920円
第3段階 49,500円 → 61,920円
第4段階 59,400円 → 74,304円
第5段階 66,000円 → 82,560円
第6段階 79,200円 → 99,072円
第7段階 85,800円 → 107,328円
第8段階 99,000円 → 123,840円
第9段階 112,200円 → 140,352円

増額の主な理由としては、後期高齢者等の増加や処遇改善加算に見られる全国的な動向、新しく市内の入所施設を増床したことが報告されました。これらの状況を鑑み、かつ専門家としての見解も含め、現在の状況から増額は避けられない物と判断し議案に賛成いたしました。
この分野において私は専門課です。増額による負担増は痛いほど分かりますが、間違いなくこれでも足りないくらい介護保険制度はひっ迫しています。
私は介護保険料に関する議案を反対するのではなく、介護保険サービスを使わない元気な高齢者が増えるための介護予防事業の抜本的な見直しをしっかりと質疑していきたいと思います。効果的な予防を行う事が、介護保険料の増加を防ぐ道だと考えています。

なおこの介護保険料の見直しは、3年ごとに計画が変更するタイミングで見直されます。

参考までに県内や近隣自治体の介護保険料を整理したのでまとめてみました。

この他介護保険料について調べるときに参考にしたサイトです。このような資料を確認しながら、議案の可否を考えています。

比べてみよう わがまちの介護保険料

 全国の基準額などをチェックする事が出来ます。算定についての説明もわかりやすくまとまっています。なお1号被保険者の負担割合は22%から23%となっています。

地域包括ケア「見える化」システム

指標などを確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.